笑わせ上手で人気者!会話に必要な笑わせ方とは?

笑わせ上手で人気者!会話に必要な笑わせ方とは?

笑わせ上手で人気者!会話に必要な笑わせ方とは?

 

 

会話で人を笑わせると言うのは難しいものです。
人を簡単に笑わせる会話が出来れば、随分と対人関係がスムーズになります。
しかし、一口に笑わせると言っても色々なケースがあります。
1対1の場合、集団の場合、少人数の場合、大人数の場合など対人の状況だけでも実に様々です。

 

更にはTPOによっても変わります。
日常的な状況、休日などの状況、酒席などでの場合など、その状況にあった笑いが必要になります。
笑いそのものも色々で、くすくす笑う場合、にんまり出来る場合、大笑いする場合など、どう笑わせたいのかでも対応が変わります。
今回はそういった事も踏まえて、会話での人の笑わせ方について解説していきます。

 

 

■人の笑わせ方はまず自分が楽しそうにすること

 

笑わせ上手で人気者!会話に必要な笑わせ方とは?

 

人の笑わせ方で重要になるのは、話の内容以前に自分自身の立居振舞が必要になります。
苦虫を噛み潰した様な表情で話しかけても、相手は緊張するだけで、相手を笑わせることは不可能です。
笑いを誘う様にするには、自分自身がにこにこと笑いを誘導する様にすることです。

 

心理学的に言っても、ミラー効果で「共感能力」がある相手には笑いが笑いを誘うものなのです。
もらい泣きや、あくびがうつるなど、人はどうしても共感能力故に相手の状態に乗せられてしまうものなのです。

 

相手を笑わせようとするのではなく、自分が楽しい気分でいることが最大の笑わせ方と言えるのです。

 

 

■笑わせようと意識し過ぎるとスベるだけ

 

笑わせ上手で人気者!会話に必要な笑わせ方とは?

 

人の笑わせ方で、失敗しやすいのは「笑わせてやろう」と意気込み過ぎる事です。
お笑い芸人をしている訳ではないので、いかにも笑わせてやろうと言う事を一般人がやり過ぎると、逆にお寒い感じになってしまうのです。
出来る限り、自然な感じでいる方が人を笑わせる事が出来るのです。

 

良く聞く笑わせ方の失敗談は、笑わせたい、面白い人と思われたいとガンガン空気を読まずに攻めてくるケースです。
こういった場合は大抵呆れられて終わってしまいます。
一度、面白くないというレッテルが貼られると、次回からは普通に面白い事を言ってもハードルが上ってしまっており、笑わせることが余計に難しくなってしまうのです。

 

笑わせるということに限らず、さりげない感じがどんなことにおいても有効だと言えるのです。
カラオケなどを例にとると判りやすのですが、自分に入りこんで歌いあげるような人は、どれだけ歌が上手でも引かれてしまいます。
さりげなく、サラッと歌っていた方が数段上手に聞こえますし、周囲もさりげなく聞く事が出来て気楽なのです。

 

相手を構えさせない事が笑わせる事でも大切な事と言えます。

 

 

■笑わせ方には土台作りが重要!

 

笑わせ上手で人気者!会話に必要な笑わせ方とは?

 

会話での人の笑わせ方には土台作りが重要です。
と言うのも、笑う状況と言うのは、明るくポジティブな雰囲気、スッキリした心持ちなどが必要です。
不幸で悩んでいたり、暗い場で人は笑う事がありません。
会話術の前に、シッカリとそういう雰囲気作りをしておく事が重要になります。

 

最も簡単にできる事は、自分自身が明るい気分でいる事です。
それだけでなく、相手の様子もうかがって、笑わせる会話をする状態にあるのかを見定めなければいけません。
“笑う”とスタンスになっていないと、結局人はどんな内容の話しでも笑う事は少ないと言えます。

 

笑わせるという事は、そういった下地があるからこそ出来る事なのです。
つまり、いつでも、どこでも、誰でも笑わせる事はかなり困難だと言う事です。
ですが、笑わせる場ではないのに笑わせる必要は全くないので、笑わせるべき時に笑わせると言うスタンスで問題はありません。
笑わせるべき時にしっかり笑わせる事が出来れば、対人関係は円滑に進むと言えます。

 

笑わせるべき時に、より良い環境作り、土台作りが出来ていれば比較的楽に笑わせる事が可能になります。
穏やかで、明るい雰囲気作りをして、出来る限り多くの人を笑わせましょう。

 

■笑わせ方のポイントは『間』

 

笑わせ方の会話のコツとは、話しの『間』です。
間合いと言っても良いと思います。
良くお笑い芸人も、「笑いは間が大切」と言っています。
とは言っても、一般人がお笑い芸人と同じ様な間合いを重要視する必要はありませんし、無駄な事とも言えます。

 

ですが、それまでの話しの流れを切って、笑いネタを突っ込んでも相手はキョトンとしてしまうので、そういった意味での間合いと言うのを考える必要はあります。
笑いだけではなく、会話上手な人はこの間合いが何となく理解出来ているのです。
『間』と聞くと難しそうに思えますが、出来る限り話しの間隔を開けないこと、話しをかぶせないことに注意するだけでずいぶん変わってきます。

 

また、笑わせ方として人の笑い話しに乗っかる形で笑える会話を続けるのも1つの手でしょう。
笑わせ方は単発、単発で続けていくよりも、連続性を狙っていく方が確率は良くなるのです。
ただ、注意すべきところはあまりにしつこく1回とれた笑いを続けない事です。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたか。
今回は会話での笑わせ方について説明してきました。
大事なポイントは、笑わせようと無理に意識しない事です。
自分も楽しく過ごすと言うことが、他者をも笑わせる事に繋がるものなのです。

 

爆笑をとろうなどとは考えずに、笑顔でニコニコ過ごせると言うところを目指しましょう。
大きな笑いはそういう雰囲気から生まれやすいものです。
仮にそれで大きな笑いが起きないとしても、楽しく過ごせれば自分自身も周囲も満足するはずです。
ここでのアドバイスを参考に周囲を明るくさせましょう。

 

 

 

笑いをとるための話術を覚えよう!会話で笑わせるコツとは?