とっさの時でも使える!人を笑わせるユーモアセンスの磨き方

とっさの時でも使える!人を笑わせるユーモアセンスの磨き方

とっさの時でも使える!人を笑わせるユーモアセンスの磨き方

 

 

どんなシーンでも、ユーモアを発揮出来れば良いなと考えている人は少なくないでしょう。
ユーモアは、
面白い、愉快と言うだけではなく機知やウィットに富んでいるものです。
ユーモアを色々な場面で発揮出来る人は、楽しい人と言うだけでなく頭が良い、頭の回転が良い、また頼りになると言う風に見られます。

 

何故そういう風に見られるかと言うと、ユーモアセンスのある人は情報通で雑学を良く知っていなければならないからです。
つまり、ユーモアセンスがあるイコール何でも知っている人と言う事になるのです。
逆に言えば、そう言った事を充分知っていないと、ユーモアセンスがあると言う風には見られません。

 

ですが、ユーモアどころか口下手で引っ込み思案な人もいるでしょう。
そう言う人が果たしてユーモアを発揮出来るのでしょうか。
答えから言えば、そう言う人でもユーモアセンスを発揮する事は出来ます。
ユーモアセンスの磨き方さえ知れば、誰もがユーモア溢れる人になれるのです。
そこで、今回はユーモアセンスの磨き方について解説していきます。

 

 

■情報をシッカリ収集して暗記をしよう

 

とっさの時でも使える!人を笑わせるユーモアセンスの磨き方

 

ユーモアセンスの磨き方は、情報収集に全てがかかっています。
ユーモアには最新の情報と時事ネタ、雑学が必要なものです。
ユーモアは大笑いを誘うものではなく、ニヤリとした笑いを誘うものです。
少し皮肉が交じった方がむしろユーモアらしいと言えます。
その為には、身近な人や物をネタにユーモアを発揮するのは敵を作るだけとなります。

 

ユーモアには、自分達には関係のない人や物をネタにする方が良いのです。
しかし、誰も知らないマイナーな話や昔の話では通じない人も多くいます。
それではユーモアセンスが良いとは言えません。
ユーモアセンスが良いと言えるのは、誰もが知っている話題を社会風刺風に笑いに転化する事です。

 

ユーモアセンスの磨き方の1つは、それを最大限収集し切り利用する事です。
そして、それでこそユーモアセンスがあると人に思ってもらえる一番の方法なのです。

 

 

■ユーモアを発揮するには話し方に変化を

 

とっさの時でも使える!人を笑わせるユーモアセンスの磨き方

 

ユーモアセンスの磨き方には、情報収集が重要である側面もありますが、それ以上にそれを伝える話し方が重要になります。
ユーモアセンスの磨き方は、ユーモアを伝える話し方の磨き方でもあるのです。
ユーモアは、明るく楽しくハッキリと話せば良いと言うものではありません。
大切な事は、話の内容次第では明るく、時に皮肉っぽく、時に脱力した感じで話すなど、適した話し方を学ぶ必要があります。

 

ユーモアセンスイコールギャグセンス、お笑いセンスではありませんので、伝え方がワンパターンではユーモアセンスの磨き方に成功したとは言えません。
話し方は、やはり色々な場で話しをするしか磨く方法はありません。
まずは、身近なところから積極的に話をしていきましょう。
話をする事になれてきたら、次に少しだけユーモアと思えるものを織り込んでいきましょう。

 

徐々にレベルアップをして、上手くいくようになったら次のステップとして、少しずつ身近ではない人へと移行し、練習をしていくようにしましょう。
また、他者と話すだけではなく、ユーモアのある話をしっかり作ってイメージトレーニングしましょう。
常に、頭の中で話し方も含めて反復する事でしっかり練習する様にしましょう。

 

 

■ユーモアセンスの磨き方は人の観察次第

 

とっさの時でも使える!人を笑わせるユーモアセンスの磨き方

 

ユーモアセンスの磨き方は、人間観察にあります。
これまでの情報収集や、話し方も重要ですが、人をしっかり見て面白いネタを拾う事も大事です。
そして、人を観察する事によって、どんな人にどんなユーモアが合うのかを見極める事も出来ます。

 

これなくしてユーモアセンスはレベルアップしません。
人それぞれに笑いのツボがありますし、ユーモアは時にブラックなジョークも交えるものですので、人を選ぶものなのです。
ブラックなジョークが全く通じない人にとっては、ユーモアではなく意地が悪いと捉えられたりもしますし、ユーモアがその人と合致していない場合、ただの皮肉屋としか捉えられません。

 

それでは、ユーモアセンスが高いとは言えませんし、周囲にもそう思ってもらえません。
下手をすると、性格の悪い人と勘違いされ兼ねませんので、人間観察は極めて重要になってくるのです。
ユーモアセンスは、最終的にこの人間観察にかかっていると言っても過言ではありません。
人間観察して、上手にユーモアを使い分ける事こそユーモアセンスの磨き方に他ならないのです。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたか。
今回はユーモアセンスの磨き方について説明してきました。
ユーモアセンスを身につける事は簡単ではありません。
ですが、絶対に身につける事が出来ないものではないのです。
また、やり方次第で誰もが身につける事が可能なものです。

 

その為には、ユーモアセンスの磨き方を知る必要があります。
その方法を知った上で、しっかりと日常生活の中で勉強しておくとよいですね。
ユーモアセンスの磨き方を学んで、どんどん使っていきましょう!

 

 

 

笑いをとるための話術を覚えよう!会話で笑わせるコツとは?