好きなあの人を振り向かせる!口説くためのユーモアを磨くコツとは?

好きなあの人を振り向かせる!口説くためのユーモアを磨くコツとは?

好きなあの人を振り向かせる!口説くためのユーモアを磨くコツとは?

 

 

女性を口説くのは中々難しいものです。
ある程度の年齢に達していれば、女性には告白をして玉砕と言うスタイルではなく、口説くと言うスタイルをとる必要があるのです。
どうした感じで口説けば女性を振り向かせる事が出来るのでしょうか。

 

その為には、真剣であると同時にユーモアも必要になってきます。
やはり、相手に面白い人、頭の良い人と思ってもらうことが不可欠なのです。
それだけで相手の評価は大きく変わってきます。
女性は男性とは違い、好きになるタイミングが遅いとも言えます。

 

ただの一目惚れだけでは女性は交際すべき相手かどうかを図り兼ねる性質があるのです。
やはり、口説かれて相手を充分推し量る事で決める要素が強いのです。
口説き方次第で、好きも嫌いも変化していくものなのです。
そこで、今回はユーモアを交えた上手な口説き方について説明していきます。

 

 

■まずはムードのある場所を確保

 

好きなあの人を振り向かせる!口説くためのユーモアを磨くコツとは?

 

ユーモアのある口説き方を実践する時、それに適した場所と言うものが必要です。
当然、口説く時にはそれなりの場所やシチュエーションが大事になってくるものです。
とりあえずは、出来る限り静かで2人きりになれるところへ赴く様にしましょう。
口説く場合、それなりの時間を有する可能性もあるので、時間の制限があまりない場所であると言う事も条件に入ります。

 

ユーモアは面白いと言う事ではなく、機知とウィットに富んだ話術です。
その為、大笑いをするシチュエーションは必要ありません。
相手がその気になり易い場所を選択するのが口説きを成功させる秘訣でもあるのです。
そこへユーモアを交えた口説きをし続ければ、相手も徐々にその気になってきます。

 

 

■多くのボキャブラリーと情報の収集をしよう

 

好きなあの人を振り向かせる!口説くためのユーモアを磨くコツとは?

 

ユーモアを交えて口説く時、それなりのボキャブラリーや情報を収集する必要があります。
ユーモアは機知とウィットに富んだ話術です。
ユーモアは頭の良さや、頭の回転の早さ、そう言ったものが必要です。
ですが、それは元々持ち合わせていなければならないと言う事ではありません。
努力でいくらでも補えるものです。

 

常日頃から、情報や雑学に興味を持って調べておく事で、どんどん蓄積されていくものです。
情報は特に新しいものが必要ですし、出来る限り現在の社会情勢を完璧に知っておく必要があります。
女性が、男性口説き落とされる場合、尊敬と言う要素は重要なファクターになります。

 

尊敬出来、頼れる存在が女性にはイコール好きと言う事になるのです。
口説くと言う事は、「説得」ともとる事が出来ます。
常に男女は両想いである訳ではないので、好きにさせる説得が必要になるのです。
かと言って、ただ強引に説得しても口説いている事にはなりません。

 

そこで必要になってくるのが、ユーモア溢れる口説き方なのです。
尊敬と同時に面白い人、余裕のある人と感じさせる為にも、日常から情報収集をしたり、勉強する必要があるのです。
そうすれば、いざという時に、ユーモア溢れる口説き文句がスラスラ出てくるのです。

 

 

■思い込み効果ですり込む

 

好きなあの人を振り向かせる!口説くためのユーモアを磨くコツとは?

 

口説く時にユーモアを交える事が出来れば、すり込みの思い込み効果を使えます。
思い込み効果とは、何度も同じ事を繰り返していく事で、本当にそうだと思わせる効果です。
言葉は悪いのですが、思い込み効果で人をある程度操る事が出来ます。
思い込み効果は、深層心理に深く訴えるものなのです。

 

ですが、だからと言ってこの思い込み効果を真剣な話の中に組み込むのでは中々効果が現れません。
ユーモア溢れる楽しい会話の中に組み込むからこそ、相手を意識させずにこのすり込みの思い込み効果を発揮させられるのです。
この思い込み効果は、異性などを口説く場合は「あなたを好き」とは言わずに、「あなたは既に好きになっている」と言う事を組み込みます。

 

気が付いていないけど心の奥底で好きになっていると思い込ませるのです。
これを、ユーモアのある会話の中に頻繁に取り込めば、思い込みの効果が徐々に出てきます。
ムードがある場なら、その効果は倍増します。
これは、映像ではないですが一種の「サブリミナル効果」とも言え、男性よりも女性により効果が高いものです。

 

ですが、単発で使用しても効果はありません。
単発の使用では相手を頑なにさせてしまうだけなのです。
ユーモアのある連続的な口説きの中に取り入れるからこそ、相手の無意識下に訴えかける事が出来るのです。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたか。
今回は口説く際のユーモア溢れる会話の方法について説明してきました。
口説き落とすためには、機知とウィットに富んだ会話こそが鍵となります。
会話を途切れさせない事も重要な事です。

 

途切れなくユーモア溢れる会話の中に、口説き文句を取り入れるからこそ最大限の効果を発揮するのです。
口説くと言う行為は、一種の説得です。
説得して相手を納得させる、それが口説きと言えるのです。

 

ここでのアドバイスをしっかり参考にして、普段からの情報収集や、雑学を覚える事を怠らずに上手に口説いていきましょう。

 

 

 

軽妙な話で笑ってもらおう!笑いをとるトーク術とは?