ユーモアのある話し方・トークのコツを伝授!会話で笑いを取る話術テクニックとは?

笑いをとるための話術を覚えよう!会話で笑わせるコツとは?

笑いをとるための話術を覚えよう!会話で笑わせるコツとは?

 

 

人と話す時、少しでも面白く話せればいいなと考える人は少なくないでしょう。
出来れば笑いをとれるほど話術に長けたい、誰もがそう少なからずそう思っている事でしょう。
しかし、気の知れた相手ならいざ知らず、誰といても笑いをとると言う事はとても困難な事です。

 

ですが、人との仲を良くするのは笑いです。
楽しく過ごせると言う事の為にも、笑いをとる話術は極めて重要な事です。
笑いは人の心を掴んだり、引き寄せる事に役立ちます。
そのスキルは、私生活に限らずビジネスのシーンでも役立つものです。
爆笑などではなくても、クスクス笑う程度のもので構いません。

 

サラッと笑いをとる話術が出来れば、誰に限らず人間力を評価してもらえます。
そこで今回は笑いをとる話術について解説していきます。

 

 

■人を笑わせる話術は話し方と場の状態が重要

 

ユーモアのある話し方・トークのコツを伝授!会話で笑いを取る話術テクニックとは?

 

人を笑わすための話術は、話し方や場の状態が大切です。
楽しく明るい雰囲気がなければ、中々人は笑ってはくれません。
逆に言えば、明るく楽しい雰囲気なら人は笑い易くなるものです。
その為には、自分自身が楽しい気持ちや、明るい気持ちを持っている必要があります。

 

大げさにはならずに、常に笑顔を絶やさない状態を作りましょう。
それに加えて、明るくハッキリ話す事が重要です。
また、タイミングも重要で、「場を作る」と言う事は、そのタイミングを作る事になります。
笑いを誘う様な場を作る事が、人を笑わせる為の第一段階とも言えます。
誰かが、面白い事を言ったつもりでスベっても、笑ってあげる事が場を作る事に通じます。

 

自分だけがウケれば良いという考えではなく、笑いの絶えない場を作ると言う事を考えましょう。
そう言った場が出来て、自分自身が明るく楽しい感覚で過ごしていれば笑いは起き易くなるのです。
そうした土台作りが笑いを起こす話術の1つとも言えます。

 

 

■同調効果で笑いを誘う

 

ユーモアのある話し方・トークのコツを伝授!会話で笑いを取る話術テクニックとは?

 

笑いを誘う話術として、同調効果を利用すると言う方法があります。
同調効果は心理学の一種ですが、難しく考える必要はありません。
同調効果は、極めて単純な事や、圧倒的多数の事でその場にいる人達に共有感覚を持たせる事だと考えて下さい。

 

笑いを誘う前に、その場にいる全員が同意出来る様な話をいくつか話して共有感覚を持たせましょう。
すると、全員に同じ感覚を持っていると思わせる事が出来ます。
感覚が同じになれば、どんな話をしても極端な逆の感覚を持つ人はいなくなります。
出来る限り、同意出来る話を多くする事で、次の段階である笑いに結び付ける事が出来ます。

 

同調効果が充分働いていると思えたら、おどけながら少し面白い話を軽快にしてみましょう。
話の内容だけではなく、おどけている事や、軽快さにも同調効果が発揮されます。
そのアクションと、話が相まって笑いを誘う事が充分可能になる訳です。

 

 

■笑い話は端的に短くしよう

 

ユーモアのある話し方・トークのコツを伝授!会話で笑いを取る話術テクニックとは?

 

笑いを誘う話術で大切な事は、あまり長い話にはしない事です。
間延びをしてしまう様な話では人は中々笑いません。
出来る限り、笑いをとる時には簡潔に話をまとめましょう。
長い話の場合は、よほどの話上手で無い限り、人が判り易く且つ順序良く話す事は難しいのです。

 

だからと言って、一発ギャグの様なものは絶対に避けましょう。
また、流行りのギャグなども使わない方が無難です。
そう言ったものは諸刃の剣で、上手くいくかどうかは五分五分です。
しかも、失敗した時にはかなり寒く、イタい状況になります。

 

一発ギャグや、流行りのギャグは誰もがするものですから、多くの人が飽き飽きしていると言っても良いでしょう。
そう言った事を同じ様にやったとしても、まずウケることはありません。
よほど、そのギャグに適した状況や、話になっていればもしかするとウケる場合もありますが、それは極めて少ない機会と言えます。

 

また、一発ギャグや、流行りのギャグでウケたとしても、面白い人とは思ってもらえません。
更に、こうした事はどんなシーンでも使用できるものではないのです。
特にビジネスシーンでは絶対に使用すべきではありません。

 

やはり、飽くまで自分自身のネタ、話術で笑わせる事が必要です。
そして、そのネタは精々が400語程度で展開するのが一番の理想と言えます。
その為には、普段からネタを考えて400字程度にまとめて、上手に話す為の準備が重要なのです。
100語ごとに分けて、「起承転結」の話を作る事が出来れば、誰もが判り易い笑い話になります。

 

その話しを軽快に明るく展開する話術が完成する事が出来れば、笑いを起こす可能性は極めて高くなるのです。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたか。
今回は人を笑わす為の話術について説明してきました。
人を笑わす事は容易ではありませんが、準備や方法論をキチンと把握しておけば、人を笑わす事はそれほど難しい事ではなくなります。

 

ここでのアドバイスを参考に、人を笑わすための話術、その為に必要な事などを実践していけば、どんなシーンにおいても笑いを誘う事が出来、面白くてユーモアのある人だと思ってもらえる事が出来るでしょう。
気負わずに気楽に行う事が大事ですので、あまり笑わせなければ!と思い込まず自分自身も楽しんでやってみる、それが大事な事です。

 

 

 

なお、笑わせる会話術についてもっと詳しく知りたければ、以下のサイトもご覧になってみてくださいね。

 

人を笑わせる会話術(木多崇将)を徹底レビュー!評判・口コミ・感想・2ch・知恵袋での評価